国立病院機構栃木病院

口腔顎顔面インプラントセンター

設 立 理 念


栃木県内におけるインプラントに関する情報の発信源と

安全かつ確実な治療を提供する場となることを目的として
地域医療の先生方との連携により栃木県民へのより高度な歯科医療を提供

コンセプト・ビジョン

近隣の歯科医院の先生方と良好な病診連携を築き、開業歯科医院と総合病院歯科口腔外科の両者の特徴を生かした専門的インプラント治療。
複雑、多様化してきている患者のニーズへの対応。
手術時の鎮静法の併用、基礎疾患を持っている患者様の全身管理下での処置と必要に応じて入院可能な設備体制を整え、総合病院の特色と利点を最大限に生かした治療。

1.   インプラント治療にかかわる前治療へのサポート
2.   インプラントを応用した高度かつ幅広い医療へのサポート
3.   病診連携によるインプラント治療の普及
4.   インプラントに関する医療情報の提供

インプラントセンターの特徴

1.   血液検査、CTなどの術前診査の充実

2.   難症例や広範囲に及ぶ骨移植等の関連外科手術

3.   手術室や入院施設など手術環境の充実

4.   歯科麻酔専門医による安全な麻酔

当センターが取り扱うインプラントおよびその関連治療

1. インプラントを応用した矯正治療へのサポート
    歯列不正や顎変形症患者
       
当HP内の「顎変形症プロジェクト」のオーソアンカーについても参考にしてください。
2. 顎骨骨折患者のインプラントを応用した骨折治療
3. 歯科インプラント(人工歯根)
    ・インプラント前外科的治療
      (サイナスリフト、骨移植、骨延長など)
     
当HP内の「インプラント治療の前に」や「仮骨延長法」も参考に
    ・インプラント埋入
     当HP内の「インプラント治療」も参考に
    ・難症例への対応(顎骨腫瘍切除後、骨量不足例など)
    ・トラブル症例への対応
      (知覚神経麻痺、神経因性疼痛、後出血、迷入など)
    ・インプラント除去

実 例 集

1. 矯正治療への応用

SMAPオーソアンカー

デュアル・トップ・スクリュウ

以前は外科的矯正手術症例であったものもこれらの治療により手術を回避できることも
特に軽度の開咬症には有効

2. 下顎骨骨折治療への応用

スクリュウタイプのインプラントによる顎間固定


3.歯科インプラント

前治療〜サイナスリフト

  下顎臼歯部頬側皮質骨を採取し上顎洞へ

  腸骨移植

サイナスリフト後にインプラント治療

前治療〜仮骨延長

インプラント埋入と同時に骨移植

腫瘍やインプラント除去後などによる
著明な顎堤吸収患者への対応

トラブル症例へのバックアップ
偶発症への知識と対策

 神経損傷(知覚麻痺)
 神経因性疼痛
 上顎洞炎
 骨髄炎

最後は除去・・・
口腔顎顔面インプラントセンターは
病診連携の下、
栃木県の歯科医療をサポートいたします。