顎関節症

1.  はじめに

 現在、顎関節症は増加の一途を辿っているとされ、また一般の人々の顎関節症に対する関心や認知度も高まってきています。さらに1995年より学校歯科健診に顎関節症の診査項目が導入されたこともあり、ますます顎関節症の重要性は高まっていくものと思われる。

2. 定義と分類

 1996年、日本顎関節学会は「顎関節症とは顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害、または顎運動異常を主要症候とする慢性疾患の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。」と定義している。
 顎関節症の分類は、病態別に分類されている。(下に日本顎関節学会の症型分類を示します。)

 
3. 原因

 近年、顎関節症の原因は咬合異常だけでなく、もっと多くの要因により生じると考えられ、また単独の要因だけでなく複数の要因が積み重なって生じると考えられている。これらの要因により咀嚼筋の機能亢進を起こし、筋自体あるいは関節組織への過剰負荷が生じ、顎関節症を引き起こすと考えられている。また米国口腔顔面痛学会(AAOP)では、病因因子を3要素に分類している。発症リスクを高める「素因」、発症のきっかけとなる「初発因子」、そして症状を長引かせ増悪させる「寄与・永続化因子」である。これらを念頭に置き各患者にどの原因が当てはまるのか評価していく必要がある。

4.  診査・診断
 
  顎関節症の3大症状は、関節雑音、顎関節や咀嚼筋の疼痛、開口障害である。

 関節雑音にはクリックとクレピタスがあり、V型に分類される。クリックは開閉口時のカックンという音で、前方に転位していた関節円板が開口時に復位する際に生じる。

クレピタスはジャリジャリ、ミシミシという音で、関節円板に穿孔がある場合や復位をともなわない関節円板転位の晩期にみられる。

 顎関節症で生じる痛みは通常、自発痛ではなく開口時や咬合時などの顎運動時に生じる。ただし、筋症状が著しい場合は生じることもある。筋性の顎関節症(T型)では咀嚼筋の過緊張を認め、同部の運動時痛および圧痛を認める。痛みは深部体性痛のびまん性鈍痛であるため患者は疼痛部位を特定できない場合が多い。関節性の顎関節症(U,V,W型)は何らかの原因により顎関節部に過剰な負担が加わり、顎運動時に顎関節部に痛みを生じる。

 開口障害は最大開口時の上下前歯切端間の距離を測定し、40mmを下回る場合は開口障害があると考える。開口障害の原因は関節円板転位によるもの、筋緊張によるもの、疼痛のため開口量が制限されている場合の3つが考えられる。

 その他、交通外傷等により顎関節部の疼痛や開口障害を来しているものの多くはU型に分類される。またW型の変形性顎関節症は、X線写真により下顎頭の退行性変化の有無の確認を行う。ただし、画像所見による形態変化は病状が進行してしまった状態や、長期にわたり関節に負担がかかり適応性変化をした状態を捉えている可能性が高いとされている。X型は心因的要因が強く関与していると言われている。

 以上、先述した病態別症型分類に基づいて診断してゆけばよいことになる。しかし、実際臨床の場においてこれらの病態が単独で存在していることは少なく、複数の病態が存在していると考えたほうがよい。

5.  治療法

 顎関節症の治療に当たっては、病態および原因の理解そして明確なアウトカムの設定が必要である。なぜならば、顎関節症は慢性疾患であり、いわゆる生活習慣病と言ってもよく、患者の自覚と患者自身が積極的に治療に参加することなくしては改善しないからである。

初期治療には低侵襲の薬物療法、スプリント療法、理学療法などがある。これらの治療後、症状の再評価を行い必要と考えられた場合、歯科的咬合治療、顎関節鏡による外科的治療を行う。

 また患者自身が家庭で行えるくいしばりや片側がみなどの悪習癖の改善、開口訓練、顎の安静、筋マッサージ、温罨法といったセルフケア(認知家庭療法)は大変重要であり、治療の効果を左右し、再発の防止にもつながる。V型の内で関節雑音のみの場合には、病態が改善し雑音が消失することはないと言われおり、特に疼痛を伴わない場合には積極的治療は必要なく、この認知家庭療法のみで対応することが多い。

顎関節症の症型分類 (2001改定)

顎関節症T型

咀嚼筋障害(咀嚼筋障害を主徴候としたもの)

顎関節症U型

関節包・靭帯障害(円板後部組織・関節包・靭帯の慢性外傷性病変を主徴候としたもの)

顎関節症V型

関節円板障害(関節円板の異常を主徴候としたもの)     a:復位をともなう関節円板転位  

b:復位をともなわない関節円板転位

顎関節症W型

変形性関節症(退行性病変を主徴候としたもの)

顎関節症X型

T~W型に該当しないもの

 

顎関節症の原因

 

1発症因子

2素因および永続化因子

A.
特異的発症行動
@     過開口
A     長時間の開口
B     顎、顔面の打撲
C     交通事故
D     硬固物の咀嚼

A
微小外傷を引き起こす
行動因子

@     ブラキシズム
A     顎の過剰使用
B     ストレス状態
C     顎や口を使う楽器の演奏
D     顎や頭部の不良姿勢

B
非特異的発症行動

@     ブラキシズム
A     顎の過剰使用
B     ストレス状態
C     顎や口を使う楽器の演奏
D     顎や頭部の不良姿勢

B
身体因子

@     関節の過剰可動性や結合織疾患などの全身疾患
A     咬合異常、骨格異常
B     同部の外傷や障害の既往
C     筋痛や顎の機能異常

C
心理社会的因子

@     うつ
A     不安
B     ストレス
C     社会様式
D     薬物依存
E     睡眠障害

*栃木保険医新聞に掲載した記事を抜粋。