歯根嚢胞

歯根嚢胞は口腔外科で扱う最もポピュラーな疾患の一つである。歯が原因で顎の骨の中に生じるもので、いわゆる「袋の病気」といわれている。袋の中には、液体が含まれている。風船に水を入れて膨らますのと同じ様に、時間と伴に嚢胞は中に液体を貯めつつ、骨を溶かしながらゆっくりと大きくなってゆく。そのため自覚症状はなく、たまたま歯医者さんで撮ったレントゲンに写って見つかることが多い。あるいは時に大きくなりすぎて、腫れや痛みを生じる場合もある。また、そのような症状がないまま顔が変形するまで大きく腫れる場合もある。

 

原因は、歯の神経が腐り、それが歯根の先に膿をつくり、そこから「袋状」になるとも言われているが、はっきりとはまだわかっていない。膿のままで終わってしまうものや、歯根嚢胞になるのがあり成因が解明されてはいない。

明らかなことは、歯根嚢胞の原因は歯であり、その歯の神経は死んでいる、あるいは根の治療をしてなくなっているということである。

 

 治療は歯の根の治療であるが、最終的には手術となることが多い。原因の歯は状態により残したり、抜歯となることもある。大きくなる前に、早期発見・早期治療が肝要である。

X線所見では、単房性のX線骨透過像である。
直径1cmほどの小さなもの 歯2本分ぐらい 歯3本分ぐらい
鼻や上顎洞にまで広がっている 下顎骨を垂直的にほぼ吸収し広がっている