インプラント(人工歯根)治療

一生自分の歯で食事をするということは理想ですが、なかなか難しいのが現実です。

そこで歯を無くなってしまった方に再び歯をという目的でインプラント治療が進んできました。歯をなくしてしまう理由はたくさんありますが、とにかく人工のものでも歯のように使うということです。

 現在は、チタン製にシリンダー状のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、そこにいわゆる「さし歯」を作ることをします。
そのため、インプラントを埋め込むことができる充分な量の骨が必要になります。

 そこで、「インプラント治療前の手術」を必要となる時もありますし、それをすることによりインプラントを埋め込むことができるようになります。

ここではその手術の一部を紹介します。

1.口腔前庭拡張術あるいは顎堤形成術

 歯茎の幅がほとんど無くなってしまい、入れ歯さえも安定しない方にやっていましたが、最近ではインプラント後の手入れや維持のために行うことも増えてきました。

歯茎を骨膜上で切り、押し下げることにより、付着歯肉(動かない歯茎)が得られる。
これにより、入れ歯の安定はもちろんのこと、インプラント後の手入れもよくインプラントの寿命(?)も延びるはず。。。

2.骨移植術

 顎の骨の高さや幅が足りない場合に、人工骨や下顎骨、ときには腸骨(腰の骨)を移植します。

3.サイナスリフト

 骨移植術の1つです。上顎臼歯部(上の奥歯)にインプラントを埋め込みたいが、骨の高さがない場合があります。そんな時、上顎洞に骨を移植して骨の高さを得る手術です。

両側上奥歯の骨がない 上顎洞の前の骨を窓を開けるように骨と上顎洞粘膜を押し上げ、スペースを作る。出来上がったスペースに骨を移植して完了。

4.仮骨延長術

 本サイトの「仮骨延長法」をご覧下さい。

実際のインプラント治療は、こちらをご覧下さい。