インプラント治療の実際

ここではインプラントの実際をお見せします。
その前に、インプラントをする理由を分かっている方は多いと思いますが、
逆にインプラントができない、あるいは必要がない方には
どうゆう人がいるか考えてみましょう。
インプラントが困難な場合

1.全身的な病気により手術ができない。
2.インプラントを埋めるために充分な骨の量がない。
3.経済的に高価である。
4.歯ブラシがうまくできない。
インプラントが必要でない場合

1.入れ歯が安定しており、食事に不自由を感じない。つまり、インプラントをいれなくても大丈夫。
2.歯が残っているので、インプラントは必要ない。
歯肉を開いて
骨にインプラントを埋める
穴を開けます
インプラントを埋めたところ
インプラントを埋めて3ヶ月後 ヒーリングキャップ
というものをセットして
歯肉が落ち着くのを待つ
1ヶ月後には型をとり
後はさし歯のようになり完成
インプラントを埋める手術自体は、さほど大変なことではありません。
むしろ、どこに、どれ程のインプラントが必要かという設計が大事です。
むしろ、インプラント前の手術であったり、事前の他の歯の処置が大変ですし、
一番は、管理ができるかどうかが一番のポイントになります。
人間が歯を無くす1番の原因は、歯槽膿漏です。
事故などで已む終えず歯を無くしてしまう場合もありますが、ほぼ自己管理不足が原因です。
できれば一生自分の歯で食事をするのが理想です。
自分の天然の歯に比べ、人工物のインプラントは手入れを怠るとすぐにダメになります。
他人より早く歯を無くしてしまった方がインプラントをするということを。。。